酵素ドリンクは一体どの様な効果があるの?

酵素ドリンクに含まれている酵素は身体にとってなくてはならない存在であり食品をエネルギー源に変えたり不要になった老廃物を体外へ排出したり細胞が生まれ変わったりするような消化機能や代謝機能にも酵素は必要不可欠存在になっています。

 

生命の維持になくてはならない存在である酵素は1種類の酵素で1つの事しか出来ない事から体内では数千種類の酵素が元々存在していますが過度なストレスや暴飲暴食など食生活の乱れで消耗してしまうだけでなく年齢と共に減少していきます。

体内酵素が減少していくと身体が痩せにくくなったり疲れが取れない身体がだるい等の症状が出始めていきます。

酵素を補うには野菜や果物を一日350g以上摂取しなければなりませんが食事から取るにはややハードルが高いと思われますがそこで酵素ドリンクが必要になってきます。

酵素ドリンクであれば一日一杯分を水や炭酸水などで割って飲めば手軽に美味しく摂取する事が出来それにより消化の負担を軽減し代謝酵素とのバランスを整える効果により代謝酵素の不足を補っていく事で代謝が向上しその結果として痩せやすい体質になるのでダイエット効果があるとされています。

 

また酵素が増える事で身体が内側から元気になっていくので疲れにくい身体になります。

 

酵素ドリンクは飲むタイミングによって効果が変わるのでアンチエイジングが目的であれば夕食に飲みダイエット目的であれば朝に飲む事により効果を実感出来る事でしょう。

 

酵素ドリンクはファスティングと言うドリンクを飲みながら行う断食法があり酵素ドリンクに含まれている豊富な栄養と適度な糖質が空腹感を感じさせず筋肉も減りにくい事から芸能人も行っており短期間で数キロのダイエットが可能になっています。

特に人気があるのが優光泉という酵素ドリンクです。

以上の点から酵素ドリンクは身体をより方向へ導いてくれる特別な飲み物と言って良いでしょう。

 

ダイエットにも人気の酵素ドリンクの効果とは

食物酵素はさまざまな栄養素に作用して、栄養素を強くしたり、新しく栄養素を作り出すのに必要になります。

 

体内酵素の働きが高まると新陳代謝が活発になるなどして体の健康維持に役立ちます。

 

逆に食物酵素が不足すると、代謝機能が低下したり、糖質の分解が悪くなり、摂取した食物の消化・吸収の働きも悪くなります。

 

その結果、冷え性や生理痛が悪化したり、太りやすくなったり、肌の老化が促進し、便秘にもなりやすくなります。

 

食物酵素は体内で作り出すことができません。

 

このため、食物酵素を摂取するには野菜や果物に頼ることになります。

 

食物酵素を多く含む野菜としては主にキャベツ、レタス、ニンジン、大根、セロリ、トマト、キュウリなど、果物はキウイ、バナナ、マンゴー、パパイヤ、アボカドなどになります。

 

しかしながら、食物酵素を含む食品を毎日十分な量摂取するのはなかなか難しいことです。

 

なおかつ食物酵素は熱に弱いという特徴があります。

 

おおよそ50度以上になると活性力が無くなるものがあるのです。

 

食材に火を通さず、摂取するには生のまま食べるのが一番ですが、一度にたくさん食べることは難しくなります。

 

すりおろすなどすればある程度の量を摂取することは可能ですが毎日準備するのは大変です。

 

そこで、不足しがちな食物酵素を簡単に補えるのが酵素ドリンクです。

 

酵素ドリンクは、食事以外から食物酵素を補えるように開発された飲料水のことをいいます。

 

酵素ドリンクはサプリメントなどの健康食品とは違い清涼飲料水に分類されます。

酵素ドリンクの中でも特に人気がある、優光泉の効果についてはこちらに詳しく書いてありました。

最近では、代謝を促す力があることから、ダイエットにも取り入れられます。

3食置き換えの酵素ドリンクのダイエットは2日目が最も大変

酵素ドリンクは、しばしば置き換えダイエットで活用されています。

 

食事の何回かを、酵素ドリンクで代用するやり方もあるのです。

 

現にそれで、お腹の出具合もだいぶ変わってくる傾向はあります。

 

酵素ドリンクでは、3食全てが置き換えられる事もあります。

 

つまり数日間は、ドリンクだけで過ごすというやり方もあるのです。

 

それで実際に試してみると分かりますが、2日目が一番大きなハードルになってきます。

 

そこで断念するか否かが、1つのポイントになるでしょう。

 

3食を酵素ドリンクにするのは、実は初日は余り大変ではありません。

 

確かに今までとやや異なる体調変化を感じますが、それでも特に耐えられないというレベルでは無いです。

 

むしろ、それほど大変ではないと感じる方々が多いです。

 

問題は2日目です。

 

この日を迎えますと、思った以上に気持ち悪くなってしまう事もあります。

 

またお腹の中の状況も明らかに変化するので、人によっては大きな不安感を覚えてしまう事もあるのです。

 

しかし実は2日目のその症状は、好転反応の1つになります。

 

そもそも体が大きく変化する時には、それなりの反応も生じる事になります。

 

しかし好転反応も、継続する訳ではありません。

 

現に3日目を迎えますと、かなり体調も楽になってきます。

 

2日目のハードルはかなり厳しく感じますが、3日目からは体が非常に軽やかになってきますから、目立った変化を感じる事が多いです。

 

ここまでの段階まで到達すれば、かなりダイエットもスムーズに進んでいく事でしょう。

 

ですから3回置き換えのダイエットは、2日目が一番大きな山場になります。

 

最初の内はかなりハードルも高く感じますが、いかにそこを乗り越えるかがポイントにはなるでしょう。

 

しかし乗り越えた時のメリットは、とても大きいです。

 

明確に体重も変わってきますし、血液の状態も大きく変わってきますから、体調も健やかになるからです。

 

2日目は大変かもしれませんが、大きな成果が出ることを信じて、頑張ってみると良いでしょう。

 

老廃物を身体の外に出す為に酵素ドリンクを服用する

お腹の中の環境は、体調には大きく関わってきます。

 

少なくともその中の老廃物などは、できるだけ外に出す必要はあります。

 

毎日食事を摂っていますと、老廃物なども徐々に蓄積されてしまう訳です。

 

当然それがお腹の中に残っているのは、あまり良くありません。

 

老廃物は体臭の一因になってしまう事もありますし、大腸癌の一因になるとも考えられています。

 

このため老廃物は、やはり外に出す方が良いのです。

 

ですから、多くの方々はデトックスに関心を抱いています。

 

身体の外に出してあげれば、お腹の環境も良くなると見込まれるからです。

 

酵素ドリンクは、デトックスに関する効果は期待できます。

 

例えば、毎日の食事の何回かを置き換えるというやり方があるのです。

 

朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけでも、だいぶ状況が変わってきます。

 

なぜなら置き換える事により、デトックスが進みやすくなるからです。

 

そもそも置き換えというのは、いわゆる断食の1つなのです。

 

そして食事の回数を減らしてあげますと、お腹の中にある余分な物も、外に出やすくなります。

 

また置き換えをしますと、大腸を休める事もできます。

 

そもそも1日に3回食べてしまいますと、大腸が休まる暇がありません。

 

時には休息を与えてあげないと、デトックスも進みづらくなってしまうのです。

 

ですから酵素ドリンクに置き換えてあげる事は、それなりに意味があります。

 

ちょっとお腹の中にある老廃物が気になっていたり、体臭が気になる時などは、酵素ドリンクの置き換えを試してみると良いでしょう。

 

ちなみにドリンクでデトックスを促進させてあげると、アンチエイジングも見込まれると言われています。

 

お腹の中に余分な物が蓄積された結果、老化が進みやすくなるという説も有力視されているのです。

 

しかし老廃物を外に出してあげれば、若返りの効果なども期待できるでしょう。

 

ですから若々しくなりたい方々にも、酵素ドリンクによるデトックスはおすすめです。

 

生活習慣病に効果が期待できる酵素ドリンク

多くの方々は、生活習慣病に関する不安を抱えています。

 

メタボリック体質になってしまう事もあれば、もっと重たい癌などの病気になってしまう事例もあります。

 

いずれも多くの方々にとって、脅威である事は間違いありません。

 

ところで生活習慣病になってしまうのは、きちんと理由もあるのです。

 

そもそも人間の体内には、酵素が生まれつき生息しています。

 

しかし様々な理由によって、それが減少してしまう事もあるのです。

 

酵素不足で癌になってしまう事さえあるので、とても怖い話です。

 

逆に言うと、酵素を補ってあげれば良い訳です。

 

その一環として、酵素ドリンクが服用される事もあります。

 

酵素ドリンクの中には様々な栄養分が入っています。

 

そのおかげで、人間の体内で酵素が作られやすくなるのです。

 

それで様々な生活習慣病が解消される事例も、意外と多いです。

 

メタボリック体質などは、その1つです。

 

そもそも体内での代謝が上手く行っていなかったり、酵素不足になってしまいますと、体脂肪率も増えてしまう傾向があります。

 

ですからダイエットを成功させたいと望むなら、何らかの手段で酵素を補ってあげるべきなのです。

 

酵素ドリンクが、その手段になる訳です。

 

現に酵素ドリンクを服用した方々は、かなり体重が減少している事例も珍しくはありません。

 

1ヶ月で数キロほど痩せたという事例は多いですし、中には10キロ以上痩せている事例もあるのです。

 

ですからメタボ体質が心配な時には、ドリンクはおすすめです。

 

それと酵素ドリンクは、癌にも有効だと見なされているのです。

 

現に癌患者の方々に対して、たまに酵素ドリンクが推奨される事さえあります。

 

ドリンクの中に含まれている酵素サポートの成分がポジティブに働きかけてくれるので、癌も改善されると見込まれているからです。

 

何も癌やメタボだけではありません。

 

脳卒中や糖尿病などにも、ポジティブな効果が見込まれると言われています。

 

ですから生活習慣病が心配な時には、酵素ドリンクを飲んでみると良いでしょう。

 

食事でダイエットする時の空腹感を抑えるには

ダイエットしたい時には、やはり食事の量は1つのポイントになります。

 

少なくとも体脂肪率が増えてしまうのは、食事が一因である事は間違いありません。

 

体脂肪率が増加するのは、体内のコレステロールが増えてしまうからです。

 

何がコレステロールを作り出してしまうかと言うと、普段の食品なのです。

 

食品を多く摂取してしまえば、もちろんコレステロールの値も高まってしまいます。

 

ですから極端な事を申し上げれば、食べなければ良いのです。

 

コレステロールの原材料になる物が身体の中に来なければ、そもそも体脂肪率が増加する筈もありません。

 

酵素ドリンクが、食事制限をサポートしてくれる事も多いのです。

 

上記のような理由がありますから、痩せたいとお考えなら、食事を制限するやり方はあるでしょう。

 

しかし問題は空腹感です。

 

食事を制御するのは良いですが、空腹感という大きなハードルに直面する事になります。

 

そのハードルはとても高くて、人によっては食事制限を断念してしまう事さえあります。

 

そして一旦食事制限を解除して、食べ過ぎてしまうと厄介なのです。

 

リバウンドが発生して、また体脂肪率が元通りになってしまうからです。

 

ですから空腹というハードルは軽視できません。

 

ところが酵素ドリンクは、そのハードルを低くしてくれる訳です。

 

そのドリンクを服用しますと、空腹感も若干抑えられる傾向があります。

 

そもそもドリンクの状態は、ややドロドロしているでしょう。

 

ですからドリンクを飲んだ後には、かなり空腹感が和らげられる傾向があります。

 

少なくとも何も飲まない状態と比べると、明らかにダイエットのハードルは低くなってきます。

 

その分だけカロリーの値も抑えやすくなるので、ダイエットの成功率も高まる訳です。

 

現に酵素ドリンクを服用した方々は、かなりの程度で痩せている事例も少なくありません。

 

空腹感というハードルをできるだけ楽に乗り越えたい時などは、酵素ドリンクを試してみると良いでしょう。

 

酵素ドリンクを自分で作っていく具体的な方法

酵素ドリンクは、実は自作をする事は可能です。

 

ただし手順は、やや複雑になってきます。

 

まずは材料の調達です。

 

酵素ドリンクで使う果物や野菜類を、一通り買い揃えていく事になります。

 

また砂糖も1袋分は購入しておく必要があります。

 

必要な砂糖の量は、かなり多いです。

 

1袋分は全て使う事になるので、糖分過剰になるのが心配になるかもしれません。

 

しかし実際には発酵されて特に問題無い状態になるので、心配は無用です。

 

購入後は、野菜や果物の細断をする事になります。

 

包丁で細かく刻んで、ビンの中に入れていく訳です。

 

そしてフタをした上で、しばらく寝かせ続ける事になります。

 

なお蓋をした後は、時々ガス抜きもする必要があります。

 

1日1回くらいの頻度でフタを開けて、内部のガスは外に放出する必要はあります。

 

それでしばらく砂糖に漬け込んで、ビンに入れたまま放置しておきますと、徐々に発酵してくるのです。

 

発酵が完了するまでには、おおむね2、3日ほどは必要です。

 

漬け込んでから1日ぐらいでは発酵されませんから、気長に待つ必要はあります。

 

それで3日ほど経過したら、中の野菜類と果物類はそのままにして、汁の部分だけを取り出します。

 

その汁の部分が、いわゆる酵素ドリンクになる訳です。

 

ですから布地で濾した上で、ドリンクを飲めば良い訳です。

 

このような数段階の作業が必要ですから、酵素ドリンクを自作するのは、多少の手間は必要です。

 

材料を調達する費用は、おおむね1,000円から2,000円といったところです。

 

手間の大きさを考慮しますと、すでに完成している酵素ドリンクと比べると、あまり費用対効果は変わらないという意見も目立ちます。

 

あまり手間をかけずに飲みたいとお考えなら、確かに完成済みの酵素ドリンクを購入する方が良いでしょう。

 

ただし自作の酵素ドリンクは、食品添加物に関するメリットはあります。

 

何も添加物を使わずにドリンクを作れるのは確実ですから、安全面の意味ではおすすめです。